日々の事

Column

新しいことにも取り組む

2020.05.15

社長通信

2020年の年始には、東京五輪イヤーとして 華々しい1年になると思っていたのに 新型コロナという全く予想しなかった事態。   ロックダウンされ、ほとんど全ての経済活動は停止。 働き方もリモートワーク。感染予防でステイホーム。 街はゴーストタウン。 今回のコロナで痛感したのは、経済的繁栄は脆く 見えないウィルスの前に、人間はまだ無力だということです。   そしてこの数ヶ月、リモートワーク&ステイホームという ライフスタイルの中で思ったのは、 人を癒す、ずっと愛されるモノを作りたいということ。   今まで30年やってきた広告制作の仕事は、 ここ数年、広報戦略の支援がメインになっています。 (ただTVCMを企画するといったものではなく 経営戦略に沿った総合的な広報戦略支援) 今後とも、続けていくと思っています。   もう一つ、ものづくりをしていきたいという 思いから、試作品を作り始めています。     大好きな猫をモチーフにした猫型クッション。 猫を飼っている人にはよくわかる このシンクロっぷり。 (猫の寝姿からヒントを掴んだ作品です)   さらに、手のひらの島猫シリーズ。   首里城の復興を願い、火災でも凛々しく立っていた 龍柱に感銘を受けて作った守護の龍柱。   なんで、ぬいぐるみ ?って思われるかもしれませんが ずっと一緒にいてくれるモノ、 お気に入りとして寄り添ってくれるモノを 自分たちのカタチにしたらこうなりました。   前から作ってはいたのですが、 今回のコロナで、時間は限られていて やりたいことをやらないと後悔すると改心。 そこから、コツコツ作り始めています。   まだ修正点があるので、ブラッシュアップして 安定的に作れるようにしていく予定。 新しいこと、チャレンジします。