日々の事

Column

アベノマスクより自社マスク

2020.04.07

社長通信

とうとう沖縄でも新型コロナウィスル感染者が 初の2桁、12名となり確実に広がっていることを感じます。 日毎に、深刻さを増す状況なのに 慢性的な品不足なっているのがマスク。   政府は各家庭に布マスクを2枚配布するそうですが、 届くまで待っていられないし、 一応、デザイン業界に身を置くクリエイターとしては あの素っ気ないマスクをつけるのは抵抗があります。   そこで、アベノマスクより自社マスク!ということで 裁縫上手な母に依頼し、 作ってもらいました〜(昨日頼んで今日には完成!仕事早い)   ジャジャーーーン! どうよ、このマスク!! 手元にあった、ブラックパラティッシ柄の布地と、 永楽屋の手拭い、頂き物のサークル柄手拭いの4種類の布を 使用して布マスク完成です! 社員には、狛犬とブラックパラティッシ、サークルの 3枚を配布。アベノマスクより多いよ♫ (我が社の福利厚生です)   私はブラックパラティッシのみにしました。 この生地、麻素材でまさにマスクにぴったりでした。 人と被らないし、出来上がりに大満足。 クッション用に購入していたけど、 まさかマスクに生まれ変わるとは思っていなかったなぁ。   さらに、主人用にも大きめサイズで作成してもらいました。 こちらは永楽屋バージョン。(狛犬と花火の2種類の手拭いから) 裏地にはガーゼ縫い付けてあるので、 繰り返し使用可能です。   さらに、もう一工夫。 お茶の先生から伺ったのですが、 懐紙をマスクの内側に挟むと、使い捨てできるし 便利よとのこと。 確かに、便利だし懐紙は通気性もよく 使い捨てマスクにも使えます。 懐紙メーカーの辻徳さんも紹介してますので、ご覧ください。   コロナに負けないために、まずはマスクから! 洒落たデザインなら、暗くなりがちな雰囲気も 明るくなりそうです。