日々の事

Column

仕事は楽しい?

2019.10.14

社長通信

休み前に主人がインフルエンザに罹患したため、 色々、予定も入っていましたが、 感染していたら大変なので全てキャンセルに。   しかし弱っている主人とは対照的に、私自身は元気。 天気も良くて出かけたくなる衝動もありますが、 溜まっていた企画をやる良い機会と捉え、 この3連休は自宅で掃除&仕事をしています。   ワーカーホリックかもしれませんが 基本的に仕事が好き。 企画して、それを組み立てていく過程が好きなので いわゆる仕事バカなのでしょう。   大学や短大の広報に関わり、 さらに企業の採用に関する仕事をしていて思うのは 仕事って、2つの側面があると思うのです。 1)生活を支える糧を得るために対価として労働するという側面 2)仕事自体の内容が好きで生きがいになるという側面   なぜ、こんなことを思ったかというと 昨日『情熱大陸』で、北海道のパン職人『奥土盛久』さんの 働きぶりを見たからです。 26歳で北海道に入植し、畑を開墾した上に 小麦を始めパンに使う作物を自分の手で栽培。 さらに、石窯で焼き上げるというこだわりよう。 肉体的にもキツイ中で奥土さんは、365日休みなしというのです。   その理由は、新しいパンのアイデアが浮かぶと 使用する材料の種から植えるので、 新しく苗を植える準備をしたりと仕込みが増えるので 休むことがないそうです。   しかし、そう語る奥土さんはとっても楽しそう。 もっと、もっとやりたいことがたくさんあってと語る 表情はとても嬉しそうでした。   学生さんと話していると、仕事に対して ネガティブなイメージを持っている人が 多くなっているように思います。 メディアの影響もあると思うのですが 『会社=ブラック企業』的なイメージを持っているようなのです。 (君ら、働いたことないだろという心のツッコミは置いといて)   私が言いたいのは働き方改革が叫ばれる中、 いわゆる昭和の24時間戦えますかという 生き方を賞賛してるのではなく 働くこと自体を楽しく感じないと苦痛でしかなく 楽しくない仕事は、やりがいも伸び代もないだろうから 経営者も社員もどちらも不幸と思うのです。   一度しかない人生。 もちろん、何をやりたいのか模索して 適職がわからないという人もいるでしょう。 私自身、今の仕事は好きだけど 今後も同じスタイルで続けるかどうかはわかりません。 ただ明日も、月曜日も職場に行きたいなと思うような 仕事をしていたいと思います。   そして、経営者としても 社員が働きがいのある職場づくりに 尽力したいと思うのでした。   とか言いながら、労働生産性を下げる このように癒し係もいますがね。 (商品撮影しようとしたら、そんな陳腐なものではなく 私を撮りなさいというメイさん)