日々の事

Column

長いお付き合い

2019.07.08

社長通信

以前、セミナーで経営コンサルタントの方が 話していた中で、いかに顧客のリピート率を上げるかが 重要だと話していました。   そのお話の後で、我が社のクライアントリピート率を 考えたところ80%程度で再びお仕事をさせて頂いていました。 毎年継続的にお仕事を頂いている企業もあれば、 数年ぶりにお問い合わせがあり、 またお仕事をさせていただくというケースもあります。 一番古いお付き合いのお客様は、 もう20年以上。創業時からのお付き合いです。   大切なのは、この仕事は誰にお願いしようか? という時に、『そうだ、カリタスに連絡してみよう』と、 思い出して頂けるかだと思います。   もちろん、思い出してもらうためには 納得できる効果や満足感が必須だと思うので、 頂いた仕事を愛を込めて全力でやることに尽きます。   呉服屋を営んでいた祖母は、 『お客さんにはちょっとやりすぎたぐらいが丁度良い』と 言っていました。 だから、ちょっと裾あげサービスしてあげるよとか お客様が喜ぶおまけをつけることが上手だったなと。   痒いところに手が届くと言いますか、 そうこんな感じが欲しかったのよ!という 提案をしていきたいなと思います。   だからこそ、目の前の仕事を丁寧にコツコツと。 『カリタスに声かけてみようか?』と 思って頂けるように。   今年も、沖縄女子短期大学さんの大学案内と 募集要項を作成させていただきました。 担当させて頂いてから6年目です。