日々の事

Column

季節を感じる

2019.01.09

社長通信

今年、初めての茶道のお稽古がありました。(初釜ですね) 新年らしく、床の間には結び柳。   長く枝垂れた柳の迫力と途中で結ばれている枝に驚いていたら、 先生より結び柳の意味を教えて頂きました。 結び柳の輪については 旅の安全を祈ってのもの。 再度、訪れてこの輪を解いてくださいという 再会を願う意味も込められていると伺いました。   この日は、お菓子も特別で『花びら餅』。 甘く煮たごぼうを白味噌のあんと求肥で包んでいるのですが 初釜の時にいただくお菓子だそうです。 (道理で、京都に年末年始に帰省した際に 多くの和菓子屋さんで花びら餅が売られていました) (画像は笹屋伊織さんよりお借りしましたhttps://www.sasayaiori.com/)   この日は、棗や抹茶碗、茶杓などもおめでたいものばかりで 年初にふさわしいお稽古になりました。   季節を感じることができるのは、 お茶ならではだなと感じます。   習い始めたおかげで、季節のことに気付くようになりました。 普段、時間に追われる生活なので 大切な時間となりました。   ゆっくりマイペースで楽しみながら 季節を愛でることをしていきたいと思います。