日々の事

Column

クリスマスの御ミサ

2018.12.25

社長通信

宣言通り、隠れキリシタンの私 久しぶりにクリスマスの御ミサに参加してきました。 同じく隠れキリシタンの妹と、姪も一緒に参加。   7時からのミサに間に合わせて到着すると 教会はイルミネーションに彩られていました。 街の華やかなイルミネーションとは違いますが、 やはりクリスマスを感じます。 私が所属するのは、那覇市田原にあるカトリック小禄教会。 超久しぶりの参加にも関わらず、 皆さん暖かく迎えて頂き、申し訳なさMAX(汗)   クリスマスミサの祭壇は、羊小屋で飼い葉桶に横たわるイエス様と、 天使が祝福する様子が飾り付けされています。 主任司祭のデニス神父様による御ミサ。 (デニス神父様はインドのご出身。 カトリック小禄教会はフィリピンの方も多いので、 日本語の後に、英語で御ミサは進行します。 早くから教会は国際化していました) 聖歌を歌い、主の祈りを唱えていると やはり祈りの時間の素晴らしさを実感します。 この気持ちは、神社やお寺で手を合わせる時と同じと思います。   ミサのメインといえば、聖体拝領です。 カトリックには聖体拝領があります。 (聖体拝領とは、洗礼を受けている方のみが行える儀式です。司祭の前で左の掌を右の掌で支える形で手を差し出すと、「キリストの身体(からだ)」と言ってパンを手渡されます。「アーメン」と答えてパンを受け、すぐに右手で口に運びます※カトリック成城教会HPより転載) 隠れキリシタンですが洗礼は受けているので、 聖体拝領に預かる事ができたのでやっぱり行って良かったです。 ミサの後は、信者の方々が手料理を持ち込みパーティー。 フィリピンの郷土料理などもありました。 私たちは、一足早くパーティーはお邪魔しました。 今回、一番嬉しかったのは 私たちに洗礼を授けてくださったラサール神父様に お目にかかれた事。   今年の夏以来、お目にかかっていなかったので 久しぶりに再会でした。 痩せておられましたが、体調は良さそうだったので一安心。 お話を聞くと9月に入院されたそうで、 そこから体調を崩されていたそうです。 (実は11月の誕生日の連絡にも返答がなく、心配していました) ただ、神父様も88才。もっと会いに行こう、お話に行こうと決心。 心の師であり大切で尊敬する神父様。 限りある時間で、神父様孝行せねばと痛感したミサでもありました。   今回、クリスマスミサに行ってみようと思ったのも、 大切な人や時間は無限ではない。 限りある時間や出会いを大切にしなさいという 神様からのメッセージだったのかなと思います。   大切な人や仲間とクリスマスに一緒に過ごせるだけで それはとてもとても幸せな事。   全ての人が平和で幸せな時間を過ごせることを 心より願っています。 メリークリスマス!