日々の事

Column

まさに、日日是好日

2018.10.31

社長通信

先週の日曜日、公開を心待ちにしていた映画を見てきました。 それは『日日是好日』 樹木希林さんが出演されていることもあり、 かなり話題になっていますが、以前より原作を読んでいて どのように実写化されたのか興味津々だったのです。 映画は、午後からでしたが早めに出かけてランチしようと 館内にあるお店で頂くことに。 ちなみに、11:30頃に到着しチケットを先に購入したんですが その時点で整理番号15番!『日日是好日』を土日に見に行こうと 考えている方は早めに行くことをオススメします。   映画の時間まで待ち時間が余ったので、 近くの公園で猫とまったり。 桜坂は、猫が似合うなぁ〜とほっこり。   開演前には、この行列! 無事に入場してゆっくり映画を鑑賞しました。   『日日是好日』は表千家の流派ですが、 袱紗の捌き方や、お手前の手順など所作が美しく惚れ惚れ。 茶道は、日本の総合芸術と称する方もいらっしゃいますが、 本当にその通りだなと思います。   四季を感じ、客を思い、茶室という空間の中で 一服のお茶を楽しむ。 今日という1日を精一杯生きる。 『一期一会』の精神が宿っていると思いました。   私も、『日日是好日』。 目前の現実が喜びであろうと、悲しみであろうと、 ただ今、この一瞬を精一杯に生きていきたいと思いました。