日々の事

Column

こんな沖縄のお土産パッケージいかが?

2018.10.26

社長通信

京都に帰省した際に、柄が数十種類ある可愛い小箱の中から 好きな柄を選んで、中身の豆菓子を詰めるという なんとも粋なお土産がありました。   価格もお手頃で、周りの友人に手土産として渡すのに ぴったりで、とても喜ばれた事があります。   それ以来、ずっと柄が選べる小箱に好きなお菓子や雑貨が 詰め込めたらいいのになぁと思っていました。   昨日の台湾パイナップルケーキのコラムにも書いたように お土産やギフトを選ぶのに、 パッケージはとても大切な要素だと思います。 正直、沖縄のギフトで柄を選べるようなものがないので 昨日のコラムの宣言通り、カリタスが作るとしたら こんなパッケージ!を実践してみました。   ドラララララララララジャン!!(ドラムロールと思ってください) 島猫をキャラクター化した名付けて『しまねこシリーズ』   例えば、お菓子を詰めるとしたらこんな感じ。 『しまねこの3時茶』中身は、黒砂糖菓子とお茶のセットです。 (あくまで妄想なので、こんな商品はないですよ。 ちなみにパクリも禁止!ぜひ、ご依頼下さい♬) さらに、しまねこシリーズの新商品。 オフィスの差し入れや手土産にぴったりの 『たまには、ゆっくり』ギフトです。 (中身は、お茶の詰め合わせ希望〜) こんな、パッケージだったら頂いた方も笑顔になるんじゃないでしょうか。 可愛い系のパッケージがまだまだ少ないので、 このアプローチだと女性に人気になるなと思います。 (私たちが欲しいものを具体化しただけですが)   保護猫活動をしているエリアのお土産にしてもいいし、 『ありがとうございます』などのメッセージを入れて ウエディングのお引き菓子にしても良いかもです。   こんなパッケージは欲しかったのよ! と思われた方、ぜひご指名ください。 お待ちしています〜