日々の事

Column

本棚と採用の関係性

2018.10.17

社長通信

読書の秋と言いますが、 年中読みたい本が多々ありなかなか追いつかず、 読書待ちの本が雪崩を起こしそうな今日この頃。     読書といえば、どのような本をセレクトするかで 思考や嗜好もわかるので、本棚を見ると その人物の性格がおおよそわかると思っています。 (なので、個人的には本棚は見られたくない〜)   上記の理由から弊社のスタッフは彼女たちの 本のセレクトを見て採用を決めました。 (デザイン関係の本だけではなく、伊坂幸太郎あり 神社仏閣の本あり、サブカルチャーもありという感じでした)   ポイントは、意外性があり且つ根本的な部分は 同じ方向性を向けそうかということ。   おかげさまで10年以上のおつきあいになっています。 気づかせてくれた本に感謝です。   若い世代は本離れも多いので 本棚を見る作戦は使えないかもしれませんが、 好きな映画などを聞くと同じような傾向が わかるかもしれません。   ということで、最近の私の読書はこれ