日々の事

Column

県立美術館で宮城健盛展

2018.10.15

社長通信

県立美術館で開催されている 『宮城健盛展』へ行ってきました。   宮城健盛先生は、親戚にあたりまして 幼少の頃から家族ぐるみのおつきあいがあり 大変、お世話になった方です。   ユーモア溢れる人柄で、亡くなった祖母とは いつも漫才のような会話をしていて 楽しい思い出が多くあります。 祖母『あんたの絵は意味わからん』←抽象画への理解なしの 祖母らしい発言に、宮城先生は大笑いで いつも祖母のツッコミに応対してました。 今回の企画展は初開催。 滅多にないチャンスでもあり伺いました。   正面に代表作である『鳥』がお出迎え。 健在だった頃のポートレートには、 懐かしさが込み上げてきました。  今回の企画展にあたり、本土在住の宮城先生の娘さんが かなり尽力して方々に散らばっていた作品や資料を 集めたと仰っていましたが、 その言葉通り、見応えのある作品群でした。   県立美術館にも久しぶりに訪れましたが、 様々な企画展をしていて楽しめました。 やはり、美しいものを日常的に見るという事は 倫理観や独創性を養うことに繋がると痛感しました。   28日まで開催していますので、是非お立ち寄りください。